Home » 休憩時間がもらえない会社いけません。

休憩時間がもらえない会社いけません。

労働時間が6時間を超える場合、少なくとも45分の休憩

労働時間が8時間を超える場合、少なくとも1時間の休憩

これらを労働時間の途中で与えなければなりません。

というのが労働基準法です。 しかしながらこの法律が作られた時代背景というのが古く、今のような多店舗経営で1店舗にスタッフが1名しかいないような状況がほとんどない頃でした。

このようなお店の場合、休憩中の看板を残してごはんを食べに出かける!なんてことはなかなか難しいですよね。

ちなみに休憩時間中に電話対応をなんとなく任せているような状態の会社もありますがこれも法律上はダメです。

証拠さえあれば、2年分にわたり時間給を請求できるということになります。

sponserd link