Home » 残業代を気軽に請求して100万超え

残業代を気軽に請求して100万超え

2015年話題になったツイッターでのつぶやきです。

企業が残業代を支払わないというのは自由です。 それを知っていて入社したとしても、過去2年分の残業代を請求することは労働者の権利です。 特に作業が深夜に及ぶと、深夜割増分も追加されます。

割増賃金=通常賃金×時間外労働などの時間数×割増率

で計算しますがこのように増加します。

 

残業 25%以上 8時間/1日以上の労働時間
1ヶ月60時間残業を超えた場合 50%以上
深夜労働 25%以上 午後10時?翌午前5時
休日労働 35%以上
休日+時間外労働 35%以上 休日は残業しても加算されません
時間外+深夜労働 50%以上 時間外(25%)+深夜(25%)
休日+深夜労働 60%以上 休日(35%)+深夜(25%)

 

どうすればいいのか?

残業代の計算はなかなか複雑ですので、詳細な記録が必要です。

タイムカードが無い場合、毎日会社からメールをどこかに送るなど、客観的に会社にいたことがわかる証拠があるとよいです。

ただしメモ程度でも証拠として利用できますが上記の証拠よりは弱くなります。

タイムカードの提出を求めても会社が破棄してしまうこともありますので、タイムカードの写真を撮っておくなど自分で普段から自衛することが重要です。

 

sponserd link