Home » 都知事選候補、宇都宮氏の「ブラック企業対策条例」ってなんだ

都知事選候補、宇都宮氏の「ブラック企業対策条例」ってなんだ

この記事は、2016年度の舛添氏の次の都知事の立候補者である宇都宮けんじ氏の公約のひとつである「ブラック企業規制条例をつくります」というものに注目して掘り下げています。

じつは、2015年の立候補の際にも同じ公約がありました。 さらに言えば、他の地方選挙でも同じような公約を掲げる候補者がかなりいます。

理念があればよいのですが、ただのワープワ層への票集めアピールではいただけません。

厚生労働省のブラック企業をさらし者にしますよ!という対策も年間に1社さらされた程度のものでしたがどうなんでしょう

一体どんな対策でブラック企業を規制するのか?

宇都宮氏のホームページから抜粋すると、

  • 「ブラック企業」対策条例を制定します。相談機関を充実させ、相談者に寄り添った運営をおこないます。
  • 公契約条例を制定し、都の関連事業で働く労働者の賃金を時給1500円以上にするようにします。東京都の最低賃金を時給1500円にすることをめざして国にはたらきかけます。
  • 都の非正規職員の待遇改善をおこないます。

とあります。

そのほか、2014年のfacebookでは

  1. ?都の労働相談窓口を拡充する
  2. ?公契約条例を実施し、ブラック企業を都の入札から排除す
  3. ?労働法・相談機関の活用方法がわかるパンフレット等の作成・配布を徹底する
  4. ?ワークルール教育を学校現場に浸透させる
  5. ?ブラック企業の被害実態について調査をする

ともあります。

実は、、どうせ何も出来ないでしょうと思っていたのですが、2点ほどイイナと思う内容がありました。

 

宇都宮氏の考えに共感できる点

政治家ですから、ミクロよりマクロで考えます。 撲滅という目標で動くのですが入札から排除というのは良いなと思います。

出来ることは少ないけれども、自前の相談機関に相談があり、何らかの方法で裏が取れるような実態の企業は排除となると入札で食べている会社にとってはたまったものじゃありません。 人件費がかさむので入札に勝てなって潰れてしまうじゃないか!という点についても各社一斉に横並びですから多少横並びで入札額を上げてはいけないかなという部分に期待が出来ます。

また、学校で教育をおこなう点についても良いなと思います。 現代でもインターネットに多く触れて情報を分析・理解できる若い人間はブラック企業関して敏感です。 残念なことに敏感な人間がごく一部なことから、一部の人間はブラック企業でも頑張ってしまいます。

教育が行き届くと、これだからゆとり世代は根性がない。とは言ってられない状況がさらに悪くなります。 奴隷を集めようとしても集まらず、なんとか働いてもらう労働者を確保という考えにシフトしていく事に期待が出来ます。

ブラック企業に就職してしまっている人にとっては残念な点と良い点

上記にもあるように、ミクロよろマクロです。すでに働いている人への救済については難しい部分があります。

ブラック企業に認定されるような会社に勤めてしまったので、転職にあたり金一封!という話はいくらお金のある東京都とはいえ財源が足りません。石油でも出れば別ですが。

じゃー転職先の斡旋は!という考えも出ますが、これはハローワークのお仕事です。

宇都宮氏のホームページでは、理念としてブラック企業撲滅を掲げ対策を講じたいが、今ブラック企業で働いている人は個人的な個人加盟ユニオンに加盟して頑張っていこう!という表記にとどまっています。

蟻のマークの引越センターの社員が個人加盟ユニオンに加入し戦っているというニュースもありましたが、組合が出来る事にはやはり限界もあるのかなと思います。労働者の権利は権利ですが、権利を主張して会社に戻りそこで働く環境というのは想像を絶する部分もあります。

 

宇都宮氏の掲げる理念が達成されるまでのつなぎとして、せめてブラック企業でも最低限の貧困は取り締まろう!ということで最低賃金を1500円に上げ、それでも家族が居たりと厳しい人には安い住宅を提供するなどで支えたいという思いが伝わってきます。

 

都知事はだれでも変わらないとは言うけれど。

昨日今日、ポッと推薦さえてから色々考えるような有名人の候補がどうしても当選してしまうのが現代の選挙です。

今回も、知名度抜群の人間が登場してきました。 それは宇都宮氏が策として想像していた期間に比べると、ほんの一瞬考えただけの候補者に過ぎないかもしれません。 仮に10年考えていたとして、最近押されて出た人は1週間真剣に考えた位でしょう。7日/3650日な感じです。

どうせ誰が受かっても何もできないし、変わらないから、そつなくこなす人が良いとは言いますが、想いの量は行動に繋がります。

海外から日本人は頭が良いと言われて早何十年経ちました。いつか政策や想いを重視した候補者選びを多くの方がされる日が来ることをねがっています。 インターネットがそのために役に立たんことを願います。 そうでなければマック赤坂氏のスマイル党の方がずっとましですから。 30度!

sponserd link