Home » 80時間の残業で過労死すると賠償金は発生するのか?

80時間の残業で過労死すると賠償金は発生するのか?

我々日本人は、残念ながら働かせすぎて社員が亡くなってしまった。 働きすぎると人は死ぬんだ。
とわかっている民族です。わかっていても資源のない国。。完全に取り締まると会社が成り立たず国が滅んでしまうという考えもあります。

ご家族を亡くされた方からみれば、そんなことなら滅んでしまったほうがよいという考えもあります。

労働監督署の人員不足や罰則などの法整備が弱いことなどから無能の烙印が押されることも少なくありません。

これを良いことに、残業だけで月200時間を平気で超える飲食業やプログラマーのような職種が生まれます。

厚生省の過労死ラインは80時間

1ヶ月100時間・6ヶ月平均80時間が厚生省の過労死ラインと呼ばれるものです。 200時間の残業を超えるような経験をした上司などは、甘い・少ないという感想を持ちます。

たった80時間の残業で死ぬなんて弱すぎる。

自分の経験をもとに働かせ、社員を働かせる心理

近年、アルコールハラスメントが一般化してきました。 酒を飲めない人に酒を飲ませ亡くなってしまう事例が後を絶たなかったからです。

  • これくらい飲んでも普通は大丈夫だ。
  • 俺の酒が飲めないのか。
  • ノリが悪い奴だ。
  • 通じて仕事も出来ないはずだ。

アジア人は遺伝的にアルコールを分解する酵素が少ない・持たない人が多くいますので、そういう人にお酒を飲ませれば統計学上でも一定の数の人数は亡くなってしまいます。

残業はどうでしょうか?

  • これくらいの残業は普通。俺もやってきた。
  • あいつは定時で帰るむちゃくちゃな社員だ。
  • 向上心のない奴だ。
  • 残業をしないから仕事も進まない。仕事も出来ないはずだ。

戦前戦後の軍国主義あたりの思想を引き継いでいたということもありますが、このような考えは日本社会には少なからずあります。

これにより残業が80時間を超えるということはよくあります。

で社員が亡くなるとどうなるか?

ドラクエだと、「おぉ部下よ、死んでしまうとは情けない!」となりますがそうはなりません。 代表的な判例としては

残業時間 死因 賠償金 判例
80時間 くも膜下出血死 3600万 福岡地裁08.10.9判決
100時間 精神疾患を原因とする急性アルコール中毒死 6000万 労働法律旬報1749号54頁
100時間 自殺 6700万 神戸地裁姫路支部判09.11.11
100時間 急性心不全死 5900万 労働判例990号11頁
12日間の連続勤務と61時間 小脳出血 1億9900万 判例タイムズ1293号214頁労働判例970号66頁

健康な状態であれば月に100時間残業しても簡単になくなることはないのかもしれませんが、問題は調子が悪くても残業をやめることができないということがあります。 疲れて安定剤をのんでやけ酒してなくなっても働かせすぎた企業側の責任という裁判の結果ということになります。

働いている側は、自分の働いている状況を記録として残す事、企業側は賠償金のことも考えながら事業計画を考えていくことが必要になります。

ただ。。働いて死ねば本望!という事は近年ではあまり無い価値観です。 誰かに相談しましょう。転職も考えましょう。

sponserd link